スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本シクロクロス選手権V7






新しいイメージ1_convert_20111212082914


新しいイメージ2_convert_20111212083009


4_convert_20111212084206.jpg


新しいイメージ3_convert_20111212083044


新しいイメージ5_convert_20111212083146


新しいイメージ6_convert_20111212083217


昨日は全日本選手権でした。
中々書き現す事は難しい大会である。
今年は夏に自転車と車との交通事故で二ヶ月トレーニングができず、もはや走ることはできないのではないか?
こんなに顔がグチャグチャになっているのに走る意味はあるのか?
そこまでしてレース活動を続ける意味があるのか?
また1から身体を作り直すしんどさ、レースを休むしんどさ、レースに戻るしんどさ、もう事故前の様には走れないのではないかという不安。
でも沢山の方々やスポンサーの方々に背中を押してもらいスタートラインに立つ事ができた。
かなり身体は戻って来ていたのに、レース前は寝込む程の腹痛という何とも弱い精神・・・。
前日もミーティングの途中で退散・・・速寝・・・。
みんなずごい心配したやろうな~でも朝はお腹痛くなく、会場に着いたら「7やからピットはラッキー7とった~」というスタッフの言葉に元気付けられスタート。
おお、なんと身体が言うこと聞かない・・・・のですか!
先週の由良川の走りは何だったのかという感じ・・・
全然差は開かず、むしろ2位の宮内選手に5秒まで詰められる。
何回も心が折れかけたけれども、絶対に絶対にダイジョウブ、応援の声だけに耳を傾け応援の声だけに後押ししてもらい、寒い中ピットに立ってくれているメカ川崎さんにてっちゃんまん、ゴールで待ってくれているみち子、初優勝した時世話してくれていた仲西さんの罵声・・・会場に来れなくても遠くから応援してくれている方々、一緒に練習している仲間そして家族の事を考え形振りかまわず走った。
1番でゴールラインを越える瞬間、全ての辛かった事しんどかった事がすべて吹き飛び、喜びと安堵に代わる。
この瞬間を求めまた走り出したのだろう。そんな気もする。
みんなで流す涙、辻浦さんの表彰式での言葉、悠ちゃんの初優勝、悠ちゃんのお父さんも天国で見ていたであろう。
悠ちゃんのお母ちゃんの涙、辻浦けいちゃんのお母ちゃんが用意していた花束、シクロクロス会場にフェラガモのブーツできめてくるナイスなうちのママさん。
親があっての私らやと、けいちゃんのおかんがくれた高級葛湯を飲みながら思う。

本当に支えてくれているスポンサーの方々、応援してくれている方々ありがとうございました。
1人では到底成し得ない勝利です。
ありがとうございました。
心から感謝しております。




補足
落車しまくったよしみつ懲りずにまたシクロクロス走って欲しいなあ!!
ひかも頑張るって~!!







コメント・トラバ消す -->
プロフィール

ayacomedian

Author:ayacomedian
豊岡英子
Professional Cyclist


私が前だけを向いて走っていけるのも私を支えてくれる沢山の方々、応援してくださる皆様のおかげです。大きな感謝を胸に世界を目指して走ります。


チーム パナソニックレディース所属

1980年8月10日 大阪府出身

出身校 山田東中学校
     追手門学院高等学校
     神戸松蔭女子学院大学中退
     大阪体育大学



趣味  BBQ ドライブ ネイル スタバ オフロードの下り


特技 卵焼き焼き


トレードマーク  豹柄 ピンク

Cyclocrossシーズン終了しました!
熱い応援ありがとうございました!

最新記事
月別アーカイブ

コンタクト


  メールはこちら



スポンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。